スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初・お茶会&岩茶

9月から始めたお茶教室も中盤に差し掛かり、最近は一人ずつ交代で最初から最後までみんなにお茶を入れる実践的なレッスンをしてます


まだ緊張とお湯の熱さでお作法どころではなく、一通り終わらせるのに必死です^^;


全員入れ終わったところで、お花市場の見学や茶器を買いに行く予定です

全10回で終了の予定でしたが、もう1クールお願いすることにして今度は茶器やお菓子やお花を自分で用意して、一人ずつお茶会をする予定です


その下見。。ということではないのですが、今日先生のお茶会があって貴重な『岩茶』を頂けるとのことなので行ってきました。

私にとっては初めてのお茶会なので服や化粧など。。分からないことだらけですが、基本的に派手すぎなければ自由とのことです

いつも教室をしているお店から少し離れた所にある、ごくふつ?のマンションのドアを開けると。。

こんな素敵な空間が。。



お部屋は先生がすべてリフォームされたらしく、大きなアトリエと2つの和室があります




今回茶席は4席
入口で名札を書いてもらい好きな席に着きます



次回、自分たちの茶席を作るときのために、

茶器の合わせ方や


お花の生け方。。

テーブルクロス(先生は帯をたくさん使用してました)と茶器の色の合わせ方などイメージトレーニング。。(^^)




お茶会が始まり、最初に出された凍頂烏龍茶
日本のお抹茶に使うお茶碗の底に葉を入れて直接お湯を注いで静かにいただきます



凍頂烏龍茶を3煎いただいた後、お茶菓子
羊かん、干し柿、クルミの実
羊かんは先生の手作りで甘さ控えめでなめらかでとても美味しかったです


友達と「お茶会のお菓子は作るのは無理だから、どこで買ってこようか。。」などと話してたけど、小さなお菓子を手作りする気持ちこそ、おもてなしの心なんだな?と実感(作れるかどうかは別ですが。。^^;)


美味しいお菓子を頂いたところで、ついに本日の主役

岩茶♪登場!!

『岩茶』とは茶樹が岩肌に生息し、太古の岩の養分を食べ成長している茶葉を摘んで作る烏龍茶で非常に貴重で非常にお高いお茶なのです。

どのくらい高いかというと。。
1斤(600グラム)2万元(6万円)!!!
ってことは、100グラム1万円!!

味はというと。。
香りを嗅ぐだけで、頭の奥がクラクラするような。。
喉を通る時は、なんだかコロコロくすぐったいような。。
飲み終わった後の茶杯もいつまでもいつまでも香って家に持って帰りたい感じ。。

アルコールの入った飲み物意外で、こんなに幸せな気分になれるのは初めてかも。。

超抽象的で全く感想になってませんが。。(T_T)

とにかく朦朧としてしまうほどの香りで写真も1枚も撮ってませんでした!(>_<)



岩茶の後、2度目のお茶菓子
これはしっかりとしたチョコケーキでした
(先生はこの茶器とお花と自分の服を赤で統一されたそうです♪)

岩茶は少し強いらしいので、胃をムカムカさせない為に味の濃いしっかりしたお菓子にするらしいです
でも、お茶をたくさん飲んだ時によくあるムカムカや喉のイガイガした感じは全くありませんでした


後で調べたのですが、岩茶には人体に有効なミネラルがたっぷり含まれているらしく細胞を活性化し自己治癒能力を高めるらしいです。

唐の詩人が「六碗目には仙人の気分になり」と詠ったらしいのですが、そういえば一緒に岩茶を飲んだ友達との帰り道。。
「よかったよかった」を連呼しながら、晴々とした気分で帰った気がします(^v^)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。