スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと気づいた!釈迦頭の種類

台湾に来て夜市で食べてから、好きになった釈迦頭(シャカトウ、お釈迦様の頭に似てるかららしい)

最近やっと気づいたのですが、台湾で売っている釈迦頭は2種類あるようです


IMG_9210.jpg

右が一般的な釈迦頭(別名バンレイシ)
左が台湾の鳳梨釈迦頭(パイナップル釈迦頭、別名アテモヤ)


右の釈迦頭は市場でもよく売られていて値段もお手頃
IMG_9211.jpg
柔らかくなってきたら、手でほぐして食べるか、↑のように皮を取ってスプーンで食べます

1_20101207222138.jpg
英語名でシュガーアップルと言うらしく、ねっとりと柔らかくとても甘いです


そして左の台湾パイナップル釈迦頭こそが、私が最初に食べて大好きになった釈迦頭
IMG_9224.jpg
皮が1枚になっているので、包丁でむいて一口大にカットします

こちらは、収穫時期が12月~2月までと短い上に、栽培も難しいらしく市場でもお高め。

でもやっぱり台湾の釈迦頭美味しい
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。